治療薬の購入方法

治療薬の購入方法

男性でも性に関する薬は買いにくいと言われています。デリケートな問題だけに当然と言えます。まして女性であれば、それはなおさらでしょう。ですが、実際には日本でも愛用されている女性が実はたくさんいらっしゃいます。そういう方はどこで購入しているかというと、最近人気の個人輸入代行業者から購入しているようです。

本来、海外の薬は日本では購入できないので、購入するとしたら直接海外に行くか個人輸入するしかありません。ですが、薬の購入の為だけに何度も海外に行くのは難しいでしょうし、個人輸入の場合、語学の問題もありますし、輸入は手続きが非常に複雑で、素人では大変難しいものです。

個人輸入代行業者

その手間を代行してくれるのが、個人輸入代行業者です。インターネットから注文でき、サイトも日本語ですし、スタッフもほとんどが日本人なので、わからない点があれば日本語で対応してくれます。購入方法も難しい事はなく、普通の通販と同じ感覚で、欲しい商品をカートに入れ、配送先の住所などを入力し、決済方法を選択するだけです。

個人輸入代行は、決められた量であれば違法ではありません。ただし、他人への譲渡や転売は禁止されています。あくまでも自分で使用する分を購入しましょう。

悪徳業者に注意

またこういう業者は悪徳な業者も少なくありません。他のサイトに比べて極端に安かったり、クレジット決済が出来なかったり、電話対応をしていない業者は怪しいと思ったほうがいいかもしれません。薬は体内に入れるものなので慎重に選びましょう。

サイトによっては郵便局留めが出来るところもありますし、殆どがプライバシーに配慮され、箱には商品名やサイト名などは書かれていませんので、受け取りの際に恥ずかしい思いをする事もありません。誰にも知られずに、病院へ行く手間や時間もなく、いつでも好きな時に購入出来ます。それ以外にも色々な種類の薬が販売されているところが多いので、必要な薬があればまとめて購入するとより便利です。
病院よりも安く買える事が多いですし、日本では発売されていないジェネリック薬なども販売されているので、気になる方は是非調べてみましょう。