更年期の不感症

更年期の不感症

更年期障害は男性にも女性にもありますが、特に女性は症状に悩む方が多いと言われています。一般的に40代後半から60代前半を指します。心身ともに様々な症状が生じますが、同時に、卵巣の機能低下によって、女性ホルモンの分泌も低下してきます。すると性欲がくなって、性交をしても感じ難くなります。また、女性ホルモンの分泌が減ると、膣分泌液の量も減ってしまい、痛みを感じる場合も多いです。総合的に性交に不向きな状態になっていきます。

何故女性の膣は潤い難くなってしまうのかと言うと、閉経すると、卵巣の働きが一気に低下し、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌も低下していきます。膣の入口にあるバルトリン腺という部分から分泌物は出されますが、閉経し、卵巣の機能が低下すると女性ホルモンの分泌も影響を受け分泌量が減少し、バルトリン腺から分泌される量も大幅に減る事になります。バルトリン腺液から分泌された分泌物により、性交時の摩擦を軽減してピストン運動もスムーズになる為、エストロゲンは大変重要です。

解決策は?

女性は、体の構造としてはいくつになっても性交は可能です。必要性を感じないのであれば別ですが、気持ちはあるのに、年齢のせいで出来ないと諦めてしまうのは悲しい事です。もしも性交痛があるのであれば、直接塗るタイプのゼリーやクリームで緩和されます。これらは媚薬効果があるものもあり、普段よりも感度をあげてくれるものもあります。

また、最近は女性用の不感症を改善する治療薬も色々と種類があります。これらを使って、高齢でも満足な性生活を送っていらっしゃるという方はたくさんいらっしゃいます。定年後も性生活がある夫婦の方が、今の生活への満足度が高いというデータもあります。

女性がこういうものを購入するのは抵抗があるかもしれませんが、最近はネットの通販で、誰にも知られずに購入する事が出来る便利な世の中になりました。諦めてしまう前に、一度試してみませんか?