副作用によるデメリット

副作用によるデメリット

ラブグラは、女性の不感症を改善する薬として最も有名です。シルデナフィル塩酸塩を主な成分としおり、1錠に100ミリグラムが配合されていて、一度の服用で5時間は作用すると言われ、一時的に体の血流の量を増やす事で、膣周囲の血行が良くなり、膣の感度を高め性的刺激に敏感になる事ができ、膣が濡れないといった症状も改善でき、潤いで満たす事ができる為、陰茎の挿入時に痛みを感じる事なくスムーズに行え、なかなか絶頂をむかえる事が出来ない方も絶頂に達し易くなり、様々な症状を改善し、女性の性交をサポートしてくれます。

副作用には頭痛や顔面紅潮や火照るといった特有の症状や鼻づまり、血行を一時的に拡げる為に起こる血圧の低下によるめまい、動機、下痢等の症状が現れる事があります。殆どの症状が服用する事で現れ、効き目が切れると同時に副作用も治るので、それほど心配の必要はありません。ただし、決められている量や逸脱した使用を行った場合には重い副作用が起こる事もあるので、指示通りの服用を心掛けて下さい。もしも副作用が酷かったり長引いたりする場合は、すぐに医師に相談しましょう。

他にも媚薬としての効果があるとして販売を行っている業者もいるようですが、ラブグラはあくまでも症状を改善するのみであり、滋養強壮や性欲増幅の効果はないので間違えた解釈をしないようにして下さい。

不感症の症状が続く事は女性にとって辛いもので、絶頂に達せない為、性欲を処理する事も出来ないのでストレス等を感じ、心の健康状態を乱してしまいます。また男性が自分に責任があると落ち込んだり、自信を失う事がありますが、女性本人の過去に起因している事もあるので考え過ぎてしまうのは禁物です。

症状の事をお互いが理解していく事も治療の一環となる為、時間をかけてゆっくりと理解を深めていく事も早期改善の鍵となります。ラブグラは、症状を最も早く解決できる方法のひとつと言えます。